遥かなる明日へ ~画家松井大門の七転八起き~

Home > 自らを信じれる絵描き

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2009.06.24 Wed キラキラ!!!

皆様今晩は
アッもう新しい一日が始まっています~~~~~~!
昨日も一日、皆様どうも有難うございました~~~~~~~~~!

「こらこら、馬鹿先生、私たちへのお礼はどうしたのよ、お礼、おれいよ」
「アリャァこれは奥様方、お久しぶりですが、それもいきなりお礼お礼って、一体何のお礼ですか?」
「馬鹿ね、昨日久しぶりに、登場してやったでしょ、有難うの一つぐらいいったらどうなのよ」

「アッ、あれね、あれは今日子との出会いを新しい人にも知ってほしくてURLを張っただけで、別に
奥様方はどうでもよかったんですが~」
「そんな事言ってももう手遅れよ、今年になって私たちの出番がなくて、もう気が狂いそうだったんだから」
「私もよ、馬鹿先生虐められないから、ストレス、ストレス、見て見てこのストレス太り」

「アッ、そう言われれば皆様方、去年より数段逞しく、いやいや、お美しくおなりで~誠に喜ばしい限りです。 ではまた来年までごきげんよう!」

「馬鹿先生、何また、とぼけたこと言ってるのよ、昨日の続き早く始めなさいよ、みんな待ってるんだから」

「そんな事分かってますよ、邪魔してるのは奥様方でしょ、それにこんな真夜中に、早く帰って下さいよ、そそれでは、続き始めます」



                P4307724_1_1 のコピー


                P4307728_1 のコピー


嬉しい気持ちで楽しく描けなくなった絵、外側はどんなに誤魔化せても、心は誤魔化せない。
そんな絵の何処に価値がある????

僕は全てを捨てて富山に行くことに決めました。
僕の先生は、ここで大人しく絵を描いていれば、絵で食って行けるようになるよ、それをなぜ投げ出すの?と僕の富山行きには大反対でした。
「馬鹿ね、ほんとに馬鹿ね、私だったらそんな事しないわよ」

男は理性的でなければ男ではないと言われましたが、僕は何が理性的なのかもよく分からず、富山に行きました。
「あら馬鹿先生って女だったの?」
「あんた馬鹿ね、こんな人女だったら気持ち悪いでしょ!」

「ちょっと、ちょっと奥様方邪魔しないでくれる、先生真面目に記事書いてるんだから、もう」

人間不信、誰とも話したくない、富山での最初の1年は山ばかり登って、今日子と絵を描いていました。 
5月の事でした、山の上の方から眺める富山平野は、田んぼに張られた水が空を映し、キラキラと輝いていました。
こんな風景を眺めながらスケッチをしてた時の事です。

今まで捨てよう捨てようと思いながらもなかなか捨てられないでいた自分の嫌な心、両肩に乗っかってた変な見栄とか言う奴が、何だか転げ落ちたかのように取れたのです。
田圃のキラキラとした光を見てたら、自分がいかに小さいところでこせこせしてたのだろうと、恥ずかしくなりました。

何とかかんとか好きな絵を描いて行ければそれだけでいいじゃないか、これ以上は欲張るまい!
心からそう思えた瞬間、本当に体が軽くなりました。

大げさなようですが、この時から僕の絵描きとしての一歩が始まったような気がします。
あの時のキラキラとした光、今も心の中で輝いています。

ははははは貧乏でも死にはしないよう、何とかなるもんだぁぁぁぁぁぁぁ~~~!
良きも悪きも素直に生きれるようになりました。
肝心の絵も嬉しく楽しく描けるようになりました~~~~~~~!!!!

こんな嬉しい事はありません!!!!!!

寝ます
             おやすみなさい

皆様の今日の一日が軽快であります様に


スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2009.06.23 Tue 笑えるような笑えないような話!!!

皆様今晩は
今日も一日有難うございました~~~~~~~!!!

さてと昨日よりの続きをばおっぱじめま~~~~す。

僕の師事した先生は、僕をとても可愛がってくれて、僕は先生の運転手のような感じでした。
先生はこちらの地方の支部長でしたので、色々なことの内状を良く教えてくれました。

先生は僕の為に色々教えてくれたのですが、僕は何だか色々知る度に美術界の世界が嫌になっていったのです。

ちょっと笑える話をいくつかしますね。

絵画団体も全国団体になり大きくなると年1回展覧会を開き、それの出品者を募ります。
この頃は2点までの出品で8000円の出品料がいりました。
入選者の数は大体決まっていますので、出品者の数が多ければ多いほど、会としてはいい訳です。
支部長はその辺の所も上手くやっていかなければなりません。

ここの支部は会員が百何十名いましたが、皆入選する訳ではなく、出品する前から大体もう決められているそうです。

政治家の奥さん、医者などの奥さん等、お金持ちの人は入選の確率が高い(これらの人は会としても、先生個人としても、入選させておくとメリットがある)
まあこれは、何と無く解りますがね、美とは程遠い話。

では、ごく普通の人はと言うと先生は、こんな事を話してくれました。
1回まず入選させるそうです。 誰しも入選すると嬉しいですよね。
でも次の年はよほどいい絵を描かない限りはもう既に落選が決まっているのです。

先生の「惜しかつたね、もうちょっとだったよ、君は才能はあるんだから」
この一言で3.4年は皆頑張って出品するそうです。
そして、ここで落としたらこの人はもうやめるな、という所でまた入選させるのだそうです。

僕の見る限りこの支部にも明らかにそれと分かる人がいただけに、笑うに笑えませんでした。
でも本人が知らないうちにピエロになっている、哀れです。

でも本当にいい絵を描けば入選する確実が高い事は間違いのない所ですので、お間違えの無いように!!!

僕の所属した団体はそれでもトップクラスのいい団体だと先生は言っていました。
この当時、日展で特選を貰うのには千万円いるとか?
芸術院会員になるのに一億円いるとか?
芸能人が出品すると全て入選(展覧会の客寄せになる)

初入選から6年何とか踏ん張りましたが、限界が来ました。
描く前から頭で考える絵、そこにはもう絵を描く感動は無くなっていました。
でも何とか、絵描きとして生活していくにはここを乗り越えて、認めてもらわないと~~~~!
大変なことばかりだぁぁぁぁぁぁ!!!

絵を描くことが苦しみに変わりつつあつた年の事です。
僕は個展をしました。
この時に出会ったのが我が愛しの今日子ちゃんでした。
その時の事知りたい人は↓をクリックして下さい。
1話 ・・・ 「二人の出会い」

2話 ・・・ 「二人の出会い(続き)」

3話 ・・・ 「二人の出会い(続きの続き)」

出会いの不思議~~~~~!!!!!
ここから馬鹿先生の人生が大きく変わって行きま~~~~~~す!!!!

あ~~~~~真面目に書いてるとチカレルビ-~~~~~~

読んでくれてる皆様もっとちかれるび~~~~~!!!!!!

すんまへん どすえぇぇぇぇぇ~~~~

明日に続く~~~~~!!!!!


                P5017797_1 のコピー


                P5017802_1_1 のコピー


                P5017805_1 のコピー

はははは
山に向かいて恥じる事のない自分でありたい~~~~!!!!
何時もそう思っています!!!!!!!!!!

寝ます
               おやすみなさい

皆様の今日の一日が誠であります様に     
 


ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2009.06.22 Mon 順調なスタ-ト!!!!

皆様今晩は~~~~~~!
今日も蒸し暑い一日でした~~~~~~~~~~~!

さて、昨日の続きをば~

馬鹿先生、絵描きの道を選んだ訳!
極めて簡単、消去方でした~~~~~~~~!

先生生まれた時からねじべぇ(へそ曲がり)で、人と同じことすぐに飽きてしまうぅぅぅぅぅぅっぅ。
殆ど3日坊主だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~!
アレもダメこれもダメで結局残ったのが、絵を描くという事だけでした。
何故か知らないけど、これだけは飽きないのです~~~~!

はははは将来の見通しなど何も考えずに決めました!!!!!

先生の絵描きとしてのスタ-トは本当に順調でした。
師事してた先生にこの絵大きくして中央展に出して見るかと言われたのが、きっかけで
初出品初入選、それも新人佳作室に展示して頂き、雲に登ったような感覚でした。

この年他の公募展に出品したのは賞を頂き、本当に夢のようでした。
次の年も出品したとこ出品したとこで賞を頂き、幸せ続きでした。
この次の年も同じように賞を頂きました~~~~~~!

はははははここで馬鹿先生、大きな錯覚をしました。
もっともっと大きな賞を貰って、早く認められるようになりたいぃぃいぃぃぃぃぃ!!!
今までは、ただ描きたくて、描きたい物を一生懸命描いてただけなのに、
今度は、審査員の絵の傾向を意識するようになってしまいました。

それにもう一つ追い打ちがありました。
3年目の秋も、順調に入選し、上野の森美術館に見に行った時の事です。
この展覧会の理事長の先生が、僕の絵を見て、こう言うのです。

「君ね、絵の技術はこれでいいんだけど、この絵の傾向はもうすでに○○くんが描いているから、不利だよ、出来れば違うものがいいね」

大変だ、大変だ~~~~~~~~~!!!!!!
で、何を描けばいいの????

これから先は、もう頭で考えてばかり、あんなに楽しかった絵が、楽しいどころか、苦しみに変わって行く~~~~~~~!!!!!
それでも何とか踏ん張ってこの後、度度、賞を貰っていますが、今見てもこの絵は好きではありません!!!!

賞は貰っても、苦しんで嫌な心で描いた作品、自分だけがそれを知っている!!!!
とても嫌な気分でした。
段々絵を描きたくなくなって来ました。



                P4307759_1 のコピー


                P4307762_1 のコピー


                P4307763_1 のコピー


                P4307764_1 のコピー


ははははは
何だか、真面目過ぎる記事でおもろくないよゥぅぅぅぅぅぅぅうっぅ!!!!!

ギャォ~先生真面目が長いと死ぬぅぅぅぅぅぅぅぅぅっぅぅぅぅぅぅうぅぅぅっぅ助けて~~~~!

続きは明日~~~~~!

寝ます
            おやすみなさい

皆様の今日の一日が順調であります様に


ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。