遥かなる明日へ ~画家松井大門の七転八起き~

Home > 2011年11月

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2011.11.29 Tue これって手抜き?

皆様こんばんは~~~
毎度の訪問本当にアリガトゥゥウウウウウウウウウ!

本日は14日の取材の山形屋商店(味噌、醤油)の記事を書く予定でしたが
皆様是非、ここをご覧くださいませませ~~~~~

さすがれんげちゃんバッチリまとめてくれてま~~~~~す!!!

僕の記事は後で書かさせていただきま~~~~す!




スポンサーサイト

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2011.11.27 Sun 一期一会

皆様こんばんは~~~





心を込めて・・・・・

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2011.11.21 Mon 生きたお金

皆様いつもどうもアリガトゥうううう~~~
東北取材続き行きま~~~~す。

13日は東北のおばちゃんの案内で奥松島に行きました

PB132621.jpg

奥松島入口付近の光景です

PB132573.jpg

遠目には何事もなかったかのような美しい風景も・・・・・

PB132576.jpg

近くに行って見るとこのとおりかなり地盤沈下しております

PB132496.jpg

この道を右に少し下ると月浜の民宿街なのですが

PB132494.jpg

見るも無残に二十数軒の民宿は全て津波にやられていました

PB132497.jpg

涙が溢れます

PB132505.jpg

かろうじて少し上の山の神は助かりました

PB132506.jpg

この山の神の社で毎年「えんずのわり」という子供たちの行事が行われるそうです
宮城県の無形民俗文化財に指定されています

この社のお世話をされている素晴らしい笑顔のご夫婦を紹介致します

PB132492.jpg

小野さんご夫婦の自宅も流されてしまいましたが

PB132502.jpg

少し上に建てられた小野さんの民宿1軒だけがかろうじて残りました
民宿の名前は代々、社をお世話されてることもあって、「かみの家」と名付けられています

今この小野さんが復興に向けて懸命に頑張っておられます
ありがたいことに僕もこの復興のプロジェクトに参加さてていただけることになりました
小野さんのブログの記事を少し紹介させていただきます

新しいプロジェクトが進んでおります。
それは海苔、ワカメを世に送り出す。

世の中どこにでもあるものでなぜと思いになると思いますが、
地域のブランド化を目指すものです。

海苔は「大高森」のブランドの包装紙、ワカメは包装フイルムを作成し付加価値をつけ地域の活性化を目指す取り組みです。

その取り組みに強力な助っ人が現れました。
画家の松井大門先生です。

被災地の被災前の風景を絵に残して、皆様に支援したいとのことでしたので、早速ご連絡を差し上げ、お願いしましたら、快く快諾していただきました。

13日富山県よりお出で頂き、お話合いをさせていただきました
松井大門先生(左)と熊本市よりお出での緒方由佳様です。

海苔プロジェクトの包装紙のデザインに先生の画家としての洞察力に大変期待しております。
奥松島観光再生プロジェクトにも協力していただきました。

この海苔プロジェクトの取り組みは必ず成功させたいと思います。
皆様詳しくはここをご覧ください

責任重大ですが心を込めて描きたいと思います

PB132508.jpg

小野さんの流された自宅の地に奥さんが巻いた花の種
今ちょうど綺麗に咲いていました
民宿かみの家に向かって優しく微笑んでいました

小野さん、奥松島の皆さん、プロジェクトきっときっと花開きます!!!

PB132560.jpg

この日も何人かのボランチァの人たちが壊れてしまったノリを干す機械の整理をされておられました
本当にご苦労様です

PB132562.jpg

みんなでハイチーズ れんげちゃんに撮ってもらいました
この日案内していただいた東北のおばちゃんと東北大学教授の関本先生もご一緒に

ここで皆様にお願いがあります
奥松島観光再生プロジェクトにぜひぜひご協力お願い致します!!!

1口オーナー制度、1口万円にて
漁業体験、もしくは奥松島の特産品のどちらか

僕とれんげちゃんは一口づつ特産品のノリを頼みました
引渡し時期は2年後以降ですが、とても楽しみです!

詳しくは民宿かみの家←ここをクリックしてください

どこにどのように使われるのかわからない義援金よりもこのようにしてはっきりとわかるお金のほうがより生きたお金と言えるんじゃないでしょうか?

ちょっとした優しい心が広がってゆくこと
心から切に願います~~~~~~~~~~~~~~~!!!

皆様どうもありがとうございました


ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。