遥かなる明日へ ~画家松井大門の七転八起き~

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 写真 > 感謝。感謝。感謝。

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2008.09.29 Mon 感謝。感謝。感謝。

岩魚釣り、2日目です。

今度もまた、今日子が、特大おにぎりを4個作ってくれました。
今度はしっかり4個持っての出発です。

今日は、僕だけの取って置きの所へ行きます。
少々時間はかかりますが、車を止めてから、かなり歩か無くてはいけないので、
人の入る確率が低いのです。

ここはまず、2.30m位の滝ごえの難関からスタ-トです。
かなり、体力がいります。

まずは、おにぎり2個食べて、力を入れます。
おかずは、すぐ傍にあるヨシナを採って、その茎を食べます。
春と違って、さすがに硬い、でも無いよりはマシ。

横でダイが、よだれを垂らして、僕を見つめています。
ダイにも、おにぎり半分と、ヨシナを上げます。

腹に、渾身の力を入れて、よじ登ります。
何とか上に辿り着き、ようやくほっとします。


   P9284492 のコピー   P9284490 のコピー

運悪く、ここで足を踏み外し、転落し、気絶でもしたら、
僕の愛犬ダイは、遠く離れた山里まで、助けを呼びに行ってくれるでしょうか。
体験論者の僕ですが、これだけは、御免こうむりたい。

この後も、決してスイスイの道中ではありませんが、ここに比べたら楽というもんです。

昨日とは打って変わって、可愛い顔して、岩魚が食いついてくれます。
ここは3年ぶりなので、岩魚も、首を長くして、待っていてくれました。



                   P9284500 のコピー

            ほら、可愛い顔をしているでしょう


岩魚を4匹位釣った頃でしょうか、釣り糸のテングスが切れてしまいました。
2年のブランク。 確実に、僕の老化は進行していました。
テングスがよく見えないのです。
何とか、指先の勘を頼りに、糸を結びました。

が、ここで、大問題発生。
僕は何時も、テングスを切る時は、自分の歯で噛み切っているのですが、
どうした事か、そのテングスが噛み切れないのです。

糸切り歯、誰が名付けたのか、糸切り歯。
僕は、この糸切り歯で何時も簡単に噛み切っていたのですが、
良く考えたら、この歯が無くなっていたのです。

僕は、歯茎が弱く、上の歯のほとんどを、今年、入れ歯にしていたのです。
何とか、あっちゃ、こっちゃと、試しながら、キレるには切れましたが、疲れました。
僕は、生まれて初めて、糸切り歯の大切さを知ったのです。

失ってわかる大切さ。 時すでに遅し。

僕の糸切り歯は、 糸切れん歯になってしまいました。

僕の切ない悲しみをよそに,ダイは大喜び、水と戯れています。

                   P9284413 のコピー

岩魚は、29匹釣れました。 まだ進めばもっと釣れますが、残しておきます。
昨日のとの合計35匹なり。
公約の50匹には15匹足りませんが、何とかこれで、
僕の串刺しだけは、許していただこう。

     P9284386 のコピー    P9284499 のコピー

                  
                  P9284504 のコピー
 

ノブドウの実が、美しく、輝いていました。
食べたら美味そうなキノコが、顔を揃えていました。

ヤマボウシが、花と実を、一緒につけていました。
こんな、珍現象は初めて見ます。 神様からのプレゼント。

全て、天の神様に感謝。感謝。感謝。

支離滅裂な、僕の文章を最後まで、読んで下さっている皆様にも、感謝。感謝。感謝。


ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。