遥かなる明日へ ~画家松井大門の七転八起き~

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > 松井大門先生の色彩講座(その3)

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2008.10.26 Sun 松井大門先生の色彩講座(その3)



「一寸、一寸、この先生まだ、続きを始めるみたいよ」
「今度は何を言うのかしらね」
「もうあんまり言うことないんじゃない、まさか今度も、心、心なんて言うんじゃないでしょうね」

「大丈夫よ、私、要らない口紅一杯もつて来たから、今度、心なんて言ったら、口紅ぶつけてやりましょうよ」
「私も、干からびたファンデ-ションのケ-ス持って来たわよ」


皆様ようこそ
色彩講座その3を始めたいと思います。
何だか、異様に殺気立った盛り上がり、良いですね。
こう言う緊張感も時には、非常に大切です。

それでは始めます。 パチ パチ パチ パチ
パチが一つ増えましたね、どうも。


世の中に、沢山の色がありますが、皆様はどんな色がお好きですか?
人それぞれに、違いますね。

僕は、自然界の色が好きです。自然界の色はどの色も美しい。
たとえそれが、錆びたカンカンであっても。

ところが今は、人工の色が氾濫しています。
特に、目立てばよいというだけの色が多くなりました。
こう言う色の中に長くいると、色彩の感覚がマヒしてきます。

自分の所さえ目立てばよい、そんな色が喧嘩しあっています。
自然界の色と調和してこそ、美しいのに。

これは、絵画にも言えることで、色と色とが美しく響き合っていないと、気持ち良くありません。
僕は、形よりも、この色の響きあいを重視します。
形は、ある程度の修練で何とかとれるようになりますが、厄介なのがこの色彩の響きあいなのです。

これは、頭ではなく、体の感覚なので、自分でその感覚を磨くしかないのです。
頭では決して理解できないものです。
だから、自分でその感覚を研ぎ澄ましていくしかないのです。
この感覚は、絵に限ったことではなく、すべてに当てはまることでもあります。

皆様、色に騙されていませんか?
今年の流行色などと言いますが、皆がそろって同じ色の服で歩いたらどうなりますか?
僕は、怖くて町など歩けません。

人には必ず、その人に合った色があるのです。
服の色と同じ様に、人生にも目に見えない色があります。
でも右へならえの人生では、自分の色は見つけられません。

僕は、人生とはいかに自分の色を見つけるかだと思うのです。
そして、その自分の色を、いかに美しくしていくかなのです。
これは、死ぬまで続く自分との戦いでもあります。
心のキャンバスにいかに美しく人生の絵を描けるかなのです。

残念ながら、まだ僕もまだ良い絵が描けません。
でも死ぬまでには、自分の納得できる絵を、心のキャンバスに描きたいと思っています。

流行の高い服を着て、これまたビックリするブランド品を持って、高い口紅で自分の顔に絵を描いて。
これはこれで、結構なことだと思いますが、要は,貴女に本当に似合っているかなのです。

化粧を落とした自分の顔に気絶しそうになった奥様
パパに顔を見てもらえない奥様
怖くて外へも行けない奥様

一度、心から笑ってみて下さい。
貴方の顔は、たちまち綺麗になります。
シミ、ソバカス,シワ、気にすることはありません。

無駄なものを塗りたくった仮面よりも、貴方の笑った素顔。
これが一番美しいのです。
笑ってください。笑ってください。

笑顔こそ、最高の化粧なのです。

これからは、顔にではなく、心のキャンバスに色を塗りましょう。


これにて、松井大門色彩講座終わります。

皆様のご感想のコメント心より、お待ち致します。


「一寸あんた、先生また、心って何回か言ったわよ。どうして口紅投げつけなかったの」
「悔しいけど、先生の言うこと聞いていたら、自分の方が情けなくなって、私思わず、口紅飲み込んじゃつたわよ。胃の中、、真っ赤っかよ。私、先ず胃の中から絵を描いてみるわ」

「私ね、今まで元気よく、人と話した事がなかったの。化粧の壁が剥がれるのが怖くてね。でもこれからは、元気出せそうよ。何だか嬉しいわ。私だって、朝から気持ち良く、お早うっていいたかったわよ」

「私、まだ何だか怖いから、化粧を落とした顔、とりあえず、片目で見てみるわ。そして何とか笑ってみるわ。」
「そうね、私もパパに笑顔で話しかけてみるわ。パパも笑ってくれるかしら。実を言うとね私、パパの笑顔が、一番見たかったの」

世の奥様方、貴方達は皆、美しい心の持主なのです。
余分な、似合わない化粧はもういりません。
笑ってください、そして微笑んで下さい。

人間皆、美しい笑顔の母親から生まれたのです。

ところで皆様、紅葉がだんだん深まって来ましたね。
自然の化粧は、大好きです。

皆様も、今日一日、優しい自然の化粧をお楽しみ下さい。

柄にもなく、先生ぶった僕は、一寸、疲れました。
これから、僕のお休みタイムです。
                         
                 皆様 おやすみなさい



ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



Comments

name
comment
ニヒルユウ : URL 心から

#- 2008.10.26 Sun 05:57

講義ありがとうございます。
重みのある言葉・・・勉強になりました。
またの講義楽しみにしております。

城石小夜子 : URL 自分の色は?

#JdUeVQuU Edit  2008.10.26 Sun 08:21

この講義を読む前にセーターを買いに行っていました
紫が好きでそれに合うものをと、グレー、黒、茶、欲張って3枚、(ユニクロなので)
自分の表面を飾るのに東西奔走。。。
デパートでは心の色はさがせませんでした。
解剖したら医者から[あなたの心の色は黒でした]と言われたらどうしよう
私のモットーはケセラセラ、、、なるようになるさ、、、
心のキャンパス、人生のキャンパスは無限にあるように思います。

マリア : URL NoTitle

#3m4C9JA6 Edit  2008.10.26 Sun 09:04

松井様 下の記事 とても興味深く 頷きながら
拝見しました。。。

そうですね。。。身体は色を覚えている。。。
一人、一人に、自分の色がある。。。
仰るとおりだと思います。
どんな高価な化粧品も、心からの笑顔に勝るものはないですね~!
(*´▽`*)ニコッ
ユーモアたっぷりの 松井様の語り口に、PC前で思わず
笑顔となりました~☆彡

松井大門 : URL ニヒルユウさんへ

#- 2008.10.26 Sun 10:49

どうも有り難うございます。

次の講義、何にしましょうか。
考えてみます。
また参加して下さい。

松井大門 : URL 小夜子さんへ

#- 2008.10.26 Sun 10:56

お早うございます。

何時も、どうも。
そうですね、沢山あり過ぎるので、かえって難しいですね。

松井大門 : URL マリアさんへ

#- 2008.10.26 Sun 11:04

僕はマリアさんからのコメントで、笑顔になってしまいます。

マリア様からのコメント、何か光が見えるような気がします。
嬉しくなります。

ロンゲのオヤジ : URL 色彩講座を・・・

#jsYRjXfs Edit  2008.10.26 Sun 16:44

ほんとうに、有難う御座いました。
先生の心の色をほんの少し、見せて頂いたように思います。
私は、今人生というキャンバスを見つけ、下書きを始めたところです。
ゆっくりですが、色を付けられるよう頑張って行こうと思います。
最後には、真っ赤なバラが描けるように・・・

松井大門 : URL ロンゲのオヤジさんへ

#- 2008.10.26 Sun 17:03

どうも協力有難うございました。
お互い、人生にいい色をつけたいですね。
僕はどんな花を描きましょうか。

redstartist : URL こんばんは

#- 2008.10.26 Sun 20:49

コメントありがとうございました。とても人気のあるブログをやっている方からコメントをもらえるなんて思ってもいませんでした。先生のブログを参考にさせていただきます。

石橋 渉 : URL 自分の好きな色を考えてみると

#- 2008.10.26 Sun 21:18

先ず思いつくのは、茜色(アカネ科多年生のつる草、赤根の色)、次には茄子紺(濃い紺色)、最後は、萌黄色でしょうか、何故なのか理由は自分でも分りません。見ていて、気分が暖かくなる様な感じなのか、カタカナの色の名を知らなさ過ぎるのか、自分でも分らないのです。

松井大門 : URL redstartistさんへ

#- 2008.10.26 Sun 21:55

今晩は。ようこそ

お互い、ブログをやる身として楽しくやりましょう。そして面白く。きっと、嬉しくなります。

松井大門 : URL 石橋渉さんへ

#- 2008.10.26 Sun 22:04

今晩んは
昨日はどうも有難うございました。

和名の色の名前、僕も大好きです。和名は何となく想いが広がってゆきます。
カタカナは忘れてゆきます。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。