遥かなる明日へ ~画家松井大門の七転八起き~

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > 遥かなる明日へ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2008.11.10 Mon 遥かなる明日へ


皆様今晩は
何時も有難うございます。



   P8283734_1 のコピー    P9224230 のコピー



昨日僕は、<僕ではないあなた、あなたではない僕>の記事を書きました。シルビアさんという高校生の方から、コメントが届きました。

<こんばんわ。
私も高校生ながら、今の個人、個性が尊重されない
日本の社会はおかしいような気が度々します。
流行を追うばかりで我を持たない人も多いように思います。
自分らしさを大事に生きていきたいですねー・・

にしても松井様の絵はステキですね(*´д`*)
posted by シルビア∞ URL 2008.11/09 17:37分>

僕はとても、嬉しくなりました。ああ、こんなしっかりした高校生がいてくれるんだなぁと。
僕は、常々、若い人が今、何を考え、何に希望を見出そうとしているのか、知りたいと思っていました。 僕は、今の世の中、狂っていると思っていますが、若い人はどう思っているんだろう?

高校生のシルビアさんは、今の日本の社会に?を打たれました。
シルビアさんのような方ばかりだと、良いのですが、現実はどうなのでしょうか。
夢を見つけられなくて、苦しんでいる若者の方が沢山、我を持ちたくても、持ち方が解らない方が沢山なのではないでしょうか。

何時からか狂ってきた日本の社会。その一番の犠牲者が、子供たちです。この子供たちに、今の若者は?と、誰が言えるでしょう。

僕から見ても確かに、おかしな子供が増えていることは事実です。でも僕は、この子供たちを責める気はありません。この子供の親を責めます。実におかしな親が多い。

でもこの、おかしな親を、僕は、どうしても責める気になれないのです。むしろこの親たちも犠牲者です。では、この親の親はどうでしょうか。
一番、責められるべきは、この親の親あたりでしょうか。受験戦争の生みの親。

良い大学を出て、いい会社に勤めて、良いお金を貰いましょう。全てはここから始まったのです。

成績さえ良ければ、後はどうでもいい教育。
成績さえ良ければ、躾けなんてどうでもいい躾け。

実に、お粗末極まりのないものでした。
教育  いったい何を育てようとしたのでしょう。
躾け  しつけ、身を美しく、実にいい漢字です。心を美しく。これは無いがしろにされ、身を飾ることに重きを置かれてしまいました。心を美しく、どうでもいい事でした。

優しい心は、何処かに置き忘れました。心の中に北風が吹くようになりました。

教育者を、教育できる教育者がいませんでした。 躾をする親を躾する親がいませんでした。
一番責められるべきはこの人たちなのですが、この人たちは今、社会の中でも、中々の地位にいたりして、一番偉そうにしています。

だからと言って、僕はこの人たちを責めません。責めた所でどうなるのでしょう。
責めはしませんが、今の子供たちに、わびる気持は持ってもらいたいと思うのです。

僕は素直に、子供たちに詫びたいと思います。心から詫び、そして子供たちと、語り合いたいと思います。年の差は関係ありません。
人間対人間として。心と心。

老いも若きも関係ありません。皆、心のどこかに優しさを持っているはずです。
そして皆、本当はもっと優しくなれたらと、思っているはずです。
お互いに皆が、ちょっとづつ優しくなれたら、解決できる事が沢山あります。

僕は、小さな鳥の巣を見つけました。その小さな鳥の巣の中には、何故かホッとする温もりがありました。 誰でもが優しくなれるような、不思議な空間が、有りました。

このちっぽけな鳥の巣が、僕に語りかけてくれました。
「この温もりがあるからこそ、雛が皆元気よく、旅立てるのよ」

人間社会の巣はどうでしょう。僕は恥ずかしくなりました。

僕は今こそ、この鳥の巣に、見習わなければ、日本の明日はないと思っています。
僕が、僕のブログのタイトルに、遥かなる明日へと名付けたのは、人の優しさ、温もりが、何処までも繋がっていってほしいとの願いからなのです。

僕のような、どうしようもない人間でも、何とかここまで生きてこれたのは、人の優しさ、温もりがあったからです。これは、感謝しても、とても感謝しきれません。いまだに、何の恩返しも出来ていません。

僕は、少しでもこのブログで、恩返しができたらと思っています。

ほんの少しの優しさと  ほんの少しの温もりを

若き人が、元気よく旅立できるようにと、
そして、元気よく旅立った人は、また次の若者に
ほんの少しの優しさと、ほんの少しのぬくもりを

ほんの少しで救われる人が沢山います。この人たちのために。

これが僕の遥かなる明日への、願いを込めた思いなのです。

皆様、どうも有り難うございました。
今日は、珍しく真面目に終わろうと思います。
皆様の、ご感想のコメントお待ちします。

                   おやすみなさい

皆様の今日の一日が、心地よい温もりの中でありますように



ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



Comments

name
comment
ニヒルユウ : URL シゼンのやさしさ

#- 2008.11.10 Mon 06:39

おはようございます

噂話、陰口、悪口、愚痴・・社会に戻るとこんなもので溢れかえっています。離れて生活していると本当によくわかる!

下心の、気を使っての、慈悲の・・・優しさにもイロイロありますが、大切なものはそんなことではなく、シゼンに出てくる優しさの気がします。自分や相手の優しさがシゼンかどうか知るためには、まず人が自然をもう一度、知る事が必要だと思います。

優しき問いには優しき答えで・・・これシゼン。

松井大門 : URL ニヒルユウさんへ

#- 2008.11.10 Mon 09:07

ユウさん
おっしゃるとおり。
昔はこの、自然の優しさが、人の心に、もっと、もっとあったのです。
黙って、見守ってやれる優しさ、とでもいいましょうか。
人の幸せを素直に喜んであげられる優しさ。
七転八起を見守ってやれる優しさ。
本当の優しさとは、実にさりげないものです。
ここには、何も要りません。
ただ、心を運んで上げるだけの事です。
ほんの少しでいいのです。

ロンゲのオヤジ : URL 十二分に・・・

#jsYRjXfs Edit  2008.11.10 Mon 09:14

先生のお気持ち、伝わっていますよ。
ありがとうございます。
私も、あの戦争に巻き込まれ揉みくちゃにされました。
で、今になって暴れだしております。 (笑)
だから、わが子にはジユウにさせております。
時々、不安になりますが・・・
自分が、した事の責任くらい取れるヒトになって欲しいです。
こんなことしかしてやれない、オヤジです。

松井大門 : URL ロンゲのオヤジさんへ

#- 2008.11.10 Mon 09:29

こちらこそ有難うございます。
こうやってコメントを頂けると、オヤジさんの優しさが、伝わってきます。
オヤジさんの子供さん幸せですね。

シルビア∞ : URL NoTitle

#h2KSWMk2 Edit  2008.11.10 Mon 11:28

私なんかのコメを使っていただいて恐縮ですヽ(;´Д`)ノ

権利者が私利私欲に走らずに、
もう少し人としての優しさを持っていればいいんですけどね・・。
最近はモラルの低下も著しいですね。
平気で心無い事をする人達。
モンペアとか、私から見れば意味のわからない事をする人達。
悪いのは本人か、その親か、世の中か・・。

松井大門 : URL シルビア∞ さんへ

#- 2008.11.10 Mon 13:06

コメント使わせて頂いてどうも有難う。
>悪いのは本人か、その親か、世の中か・・。

僕は、みんな悪いと思っています。
でも、非難しあっても、そこからは、何も生まれません。
解決策があるとするならば、会話だけです。

優しく聞く耳を持って、優しく話す声をも持つ事です。
そこから何かが生まれるはずです。
一番いけない事は、無関心を装う事です。
自分には関係ない、自分にさえ被害が及ばなければ、それでいい。
ここからは、何も生まれません。
生まれるのは、寒い北風だけです。

自分だけの幸せ?
幸せの質にもよりますが、モラルの低下の原因の一つです。

何だか、オジサンは、寒さばかりを感じます。
シルビア∞さん、無関心を装う大人にはならないで下さい。
あなたたちのような若者が、日本を救うのです。
良い意味での、起爆剤になってほしいと思います。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。