遥かなる明日へ ~画家松井大門の七転八起き~

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ★【自己紹介】 > 記憶の中から > 子供時代

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



2008.08.21 Thu 子供時代

何をやっても、長続きしない。最初のうちは楽しくて一生懸命なのですが、そのうち飽きてしまう。「お前には、こらえ性というものがない」。親父によく言われました・
あれもダメ、これもダメ、それもダメ、唯一、残ったのが絵を描くことでした。不思議と絵を描くことだけは飽きないのです。絵描きになろう。
将来への見通しもなく、何の計画性もないままに下した僕の決断でした。

僕は、岐阜県の山の中の十軒ほどしかない田舎で、逆子で生まれました。生まれた時は息をしていなく、産婆さんが僕の尻を二、三回叩いたらようやくオギャァと泣いたそうです。
へそ曲がりという言葉がありますが、僕の田舎ではこれをねじべぇと言います。
「お前は、生まれた時から、ねじべぇや、父ちゃんや、母ちゃんに心配ばかりかけて、何時になったら皆と同じ事が出来るんや、産婆さんに尻何ぞ叩いてもらわんほうがよかったかもしれん.].お袋によく言われた言葉です。
逆子とねじべぇに、どんなつながりがあるのかは良く解りませんが、ねじべぇであった事は事実です。
学校でも家でも、こうしなさい、ああしなさいと言われると、一番最初に、じゃあそれはしないでおこうと思うのでした。
そんなわけで、こんな事はいけない、あんな事もいけないという悪戯は、お手のものでした。
悪戯の常習犯というやつで、良いことをして、褒められたということが無く,悪戯がばれて、まれに僕の名前が入ってないと、それだけで褒められるという有様でした。
授業参観というものに親が来てくれたという記憶がありません。
「そんなものに、わざわざ学校に行かんでも、わしは先生に呼び出されて、何回も、何回も校長室に、頭を下げにいっとる、しまいには、お父さんも毎回、毎回、大変ですねと先生に同情される始末じゃ、情けないわい。」ごもっとも、ごもっとも。
両親に勉強しろと言われたことは無く、「頭なんか良くなくてもいいから、お前が真面目にさえなってくれれば、それだけでいいわい。」
こう言われると、ねじべぇの僕は、少しは頭を良くしようと、自発的に勉強はしました。
今の言葉で言うと、問題児、そんな僕に、先生をはじめ、周りの大人達は、何一つ、皆と分け隔てることなく優しく接してくれました。
そのお陰で僕には嫌な記憶が一つもありません。むしろ、今はたたかれた事、怒られた事のほうが楽しい思い出となって、懐かしく思い出されます。
豊かな自然と、たわいない子共の悪戯とどこかで笑って許してくれた大人達と、いつも楽しく遊んでくれた友達に囲まれて,伸び伸びと、子共時代を過ごせたことに、感謝、感謝です。
今日はここまですが、まだ、まだ続きますので、どうか、飽きずに読んでください。



ブログランキングに参加しています。ポチポチっと押してください。
にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ



Comments

name
comment
れんげ : URL 愛のレース12

#- 2008.12.19 Fri 16:20

れんげも逆子、一緒だ。
でも、ねじべえじゃないよ(笑)。
先生が懐かしむ子供時代の風景、
今の子供達はどうなんだろうね。
同じような風景、見てるのかな。
守っていきたい、そんな風景。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。